【究極の二択】小型株投資の分かれ道!守りの割安株と攻める成長株

小型成長株・グロース株投資

2つの小型株投資

Question

割安株と成長株でどう違う?

小型株の中でも割安株への投資は、本来の企業価値より株価が低い時に買っておくことで、株価回復と企業成長の両方を狙っていきます。

対して成長株への投資は、PERが高くても業績も絶好調なら、5倍・10倍といった爆発的な株価高騰に夢を持つことができます。

同じ小型株でも割安株か成長株かで、リスクもリターンも全く違う投資になることは理解しておきたい。

あふろん
あふろん

割安株でも成長株でも、小型である以上はある程度の変動リスクを意識しとかないとね。

こころん
こころん

一攫千金を狙うなら絶対に余裕資金で勝負やで。

小型株のバリュー投資

スタンダード市場やグロース市場で時価総額300億円未満のような小型株でも、リスクを抑えながらリターンも取りにいきたいなら、割安株がおすすめです。

よく言われている割安の目安はPER15倍以下PBR1倍以下

PERやPBRは業種・業態によっても大きく水準が変わるため、同じような事業を展開する競合銘柄と比較することが大事です。

割安株は長期投資でじっくり利益を取りに行くイメージですが、小型株の場合は変動も激しいので、短期的な株価回復を狙いつつ、サプライズ的な大化けもダブルで期待して投資します。

あふろん
あふろん

小型株だからこそサプライズ決算だった時の破壊力は大きいもんね。

小型株のグロース投資

とにかくハイリスク覚悟で大きな勝負をするなら、テンバガーを狙う小型の成長株です。

この社長とビジネスモデルなら必ず将来大企業になると信じ、自分の資産を託して成長するまて応援し続けます。

時価総額の小さな小型株だからこそ爆発的な成長に期待できる。

2~3年間で2倍になるような成長株を狙う中期投資と、数年で10倍以上を狙う長期投資があり、どちらも非常にリスクと夢のある投資になります。

こころん
こころん

昔のYahoo!や楽天みたいな企業を探し当てたら大金持ちやもんな!

性格に合った投資スタイルを選ぶ

中原良太
2020年12月9日公開
小型株集中投資の銘柄の見つけ方【性格別】

自分の性格に合った投資スタイル

学びと体験

小型株への投資は資産が増えるスピードも早いですが、引き際を間違えると資産を一気に溶かしてしまいます。

引き際を冷静に判断できる心、資産の上下が激しくても動じない気持ち、自分の性格を分析しながら、リスクの大きさや、楽しく投資ができるスタイルを選ぶのが正解ですね。

コメント 記事に関する投稿はコチラ