株価指標『BPS』とは?株の原価を知って割安な銘柄を探す指標

指標
Question

BPSはどんな指標?

BPS(Book Value Per Share)は1株あたりの純資産。計算式は純資産÷発行済株式総数。株価を定価としたらBPSは原価です。原価に対して、なるべく安い定価で買いたい。

PER PBR EPS BPS ROE ROA PSR PEGレシオ 配当性向 総還元性向 グレアム指数

株価指標のBPSを知る

こころん
こころん

EPSは1株あたりの純利益だけど、BPSは1株あたりの純資産なんやな。

あふろん
あふろん

PERとPBRみたいな関係かな。三文字英略語が多すぎて覚えにくいよね。

こころん
こころん

でも、BPSは株の原価って言われると、めっちゃ分かりやすいな。

こころん
こころん

株じゃなくても原価割れの価格で買えたらお得感たっぷりやからなー!

あふろん
あふろん

原価tてことだから、成長して資産が大きくなってイイ企業になるほど、BPSは高くなるよね。

あふろん
あふろん

自社株買いで発行済株数が減った時も、希少性が高くなるからBPSは上がるし。

こころん
こころん

BPSは企業の解散価値とも言われてるよな。

あふろん
あふろん

だね!もし企業が解散したら、株主に残るのは原価の部分だけ。

株の原価と定価

聞いて分かる投資教室
2020年11月10日公開
株式投資の考え方【BPS・ガイアの法則とは】

株の指標は三文字英略語ばかり

BPSは純資産から計算される、1株あたりの原価って考えると凄く覚えやすい。自分が持ってる株の原価もいくらだったのか気にしてみよう。めっちゃ原価安かったりして…。

BPSは1株の純資産を表す指標

1株あたりの原価

解散した時に株主に残る価値

コメント 記事に関する投稿はコチラ