【収益指標】EPSで評価する収益力と成長性!1株あたりの価値を見定める

指標

EPSとは

Question

EPSはどんな指標?

EPS(Earnings Per Share)は1株あたりの当期純利益。

その企業の1株が1年間でどれだけ利益を出したのかを表したもので、企業の収益力や成長性を判断する時に使われる指標です。

株価の割安さを表すPERPBRと違い、基準となるような目安はなく、その銘柄の過去と比較して1株あたりの価値が大きくなっているかどうかを判断します。

こころん
こころん

PERとかPBRに並ぶくらい基本的な株価指標やな。

あふろん
あふろん

EPSはPERの計算式にも使われてるしね。

EPSの計算式

一般的には当期純利益で計算されていますが、翌期以降の予測純利益を使って評価する場合もあります。

分子にある純利益が大きくなればEPSは上がるし、増資で分母の発行済株式総数が増えるとEPSは下がる

そのため、自社株買いなどで発行済株式総数が少なくなれば、純利益が同じでもEPSは上がることになります。

1株あたりの利益を表すEPSは使い勝手が良く、PEGレシオなど他の指標の計算式にも使われます。

こころん
こころん

発行済株式数って普段あんまり気にしてなかったけど、増資や自社株買いで株数がEPSに影響するんやなー。

EPSの目安

EPSは高い方が良しとされますが、他社・他業種と比較するのではなく、その企業の過去に対して純粋に1株あたりの価値が上がってるか、下がってるかの推移を見ます。

過去10年間のEPSを見るには、マネックス証券の銘柄スカウターで銘柄ページの「企業分析」タブから、「通期業績推移」グラフの下部にある「表示:展開する」をクリック。

銘柄スカウターはEPS以外にもPERPBRの推移や過去10年間の業績が一覧で見ることができる、各証券会社の中でも抜群に優秀な銘柄情報ツールです。

このような指標の多くは、今その瞬間の数値だけでなく、過去数年の状態や競合他社と比較することでより分析の精度が上がります。

あふろん
あふろん

マネックス証券の銘柄スカウターは投資家絶賛の情報ツールだよ。

EPSを分かりやすく解説

【役立つ知識】ゾイカタ塾 Zoikata
2020年9月17日公開
【株式投資】EPSをわかりやすく解説!EPSの使い方や見方まで!

スクリーニングのEPS

学びと体験

SBI証券や楽天証券のスクリーニング条件てEPSがあったりするけど、銘柄によって発行済株数も株価も違うから、EPSを絞り込み条件としては上手く使えたことはありません…。

EPS以外の情報も充実している銘柄スカウターを使いたいがために、マネックス証券のアカウントを作っておく価値はあると思います。

指標
この記事をTwitterで投稿する
1分で読める 株式投資初心者の道しるべ

コメント 記事に関する投稿はコチラ