【新しい選択】注目度上昇中のETF投資!低い手数料で世界へ投資する魅力

投資信託・国内ETF投資

ETFとは

Question

ETFって何?投資信託との違いやメリットが知りたい!

ETF(Exchange Traded Fund)は日本語で上場投資信託。

投資信託と同じようにプロに資金を託して運用してもらう商品ですが、証券市場に”上場”しているため、リアルタイムに変動する価格に対して、成行注文や指値注文で取引されます。

まだ国内ETFは盛り上がりに欠けますが、米国ETFは運用規模が大きく、手数料(経費率)の安い魅力的な銘柄がたくさんあるので、日本の投資家の中で注目が集まっています。

あふろん
あふろん

ETFって2019年頃だと認知度25%しかなかったんだって。

こころん
こころん

NASDAQとかS&P500が絶好調やから、米国ETFの注目されるようになってきた感じやな。

投資信託と比べて嬉しいところ

投資信託は資産を託す運用会社・販売会社・信託銀行へ手数料(信託報酬料)を支払う仕組みですが、ETFは上場しているの運用会社の銘柄を直接購入するため、投資信託に比べて比較的手数料(経費率)が低く設定されています。

また、米国市場では世界三大運用会社のブラックロック、バンガード、ステート・ストリートなど、資産総額が大きくバリエーションも豊かなETFを上場させています。

ETFは決算期間中に発生した収益から費用を差し引いた全額を配当金として分配されるため、配当金目的で資産運用する投資家にとっては魅力的なメリットです。

こころん
こころん

投資信託の場合は元本を取り崩して支払われる特別分配金もあるから注意やで。

投資信託と比べて残念なところ

投資信託は分配金再投資が選べるものもあり、資産を大きくする目的の人にとっては手間いらずの便利なしくみ。

ETFには配当金再投資のしくみはなく、日本株に投資するETF以外は配当控除も利用できません

また、米国ETFの配当金については二重課税になるため、確定申告で一部を控除申請しなければ損をしてしまいます。

米国ETFを購入する場合は為替手数料が必要になるのもデメリットですね。

あふろん
あふろん

特定口座の人にとっては、二重課税の控除申請のためだけに確定申告するのは面倒だよね…。

投資信託とETFの違い

両学長 リベラルアーツ大学
2021年6月14日公開
【初心者向け】投資信託とETFの違いを分かりやすく解説。高配当株好きはETFがおすすめ!【株式投資編】:(アニメ動画)第100回

国内ETFにも期待

学びと体験

将来的には米国高配当株ETFで配当金生活をおくりたいので、今はETFに投資していませんが口座だけは準備万端です。

ファンドの規模も手数料の低さも、米国ETFと比べるとまだまだですが、これからの国内ETFの盛り上がりにも期待したい。

コメント 記事に関する投稿はコチラ