【刮目】FOMCで決まる米国の金融政策!世界の投資家が注目するイベント

イベント

FOMCとは

Question

FOMCってどんなイベント?

米国のFRBが米国の金融政策方針や政策金利を決めるFOMCは、年に約6週間ごとの8回開催され、3月・6月・9月・12月の4回は記者会見が開かれます。

金融・経済のトップリーダーである米国の動きに全世界の投資家が注目しています。

こころん
こころん

FOMCは年に8回も開催されてるんやな。

あふろん
あふろん

その中でも記者会見が開かれる4回は、全世界が注目してるってことだね。

注目の米国金融政策

日本の中央銀行にあたる組織が、アメリカのFRB(Federal Reserve Board)と呼ばれる米連邦準備制度理事会です。

FRBは銀行ではなく理事会なので、実際に金融政策を実施するのは各地の連邦準備銀行になります。

特に金融緩和や利上げが予想される局面では、FRB議長の発言が株式市場に大きな影響を与えるかもしれません。

あふろん
あふろん

投資家が予想している逆のサプライズ発言があると大きく動くもんね。

ジャクソンホール会議とFOMC

FOMCと並んで投資家の注目を集めているのが、全世界の中央銀行総裁が集まるジャクソンホール会議

ジャクソンホール会議では、過去にバーナンキ議長の発言で、米国だけじゃなく日本の相場にも大きな影響を与えました。

米国の金融政策から相場の動きを推測するために、3ヶ月に1回のFOMC会見とジャクソンホール会議はセットで気にしておくべきイベントです。

こころん
こころん

アメリカのイベントとはいえ、アメリカがくしゃみをすると日本が風邪をひくからなー。

FOMCを分かりやすく解説

バフェット太郎の投資チャンネル
2021年5月1日公開
FOMCをわかりやすく解説

予想と発言の裏切りが影響

学びと体験

FOMCで発言に注目が集まりますが、企業の決算発表と同じで、世界中の投資家が何を予測しているかが大事。

金融緩和政策が予測される状態で、金融緩和の発言があっても株価は動かない。

こういった注目されているイベントでは、予想を裏切る発言があった時に大きく動くので、予想を予想しておく事が大事

イベント
この記事をTwitterで投稿する
1分で読める 株式投資初心者の道しるべ

コメント 記事に関する投稿はコチラ