【株価指標】グレアム指数はPER×PBRのミックス係数!理想の目安と探し方

指標

グレアム指数とは

Question

グレアム指数ってどんな指標?

グレアム指数はバリュー投資の父といわれるベンジャミン・グレアムが提唱した、割安さを測る指数で、ミックス係数とも呼ばれています。

PERやPBRと同じように、現在の株価が割高なのか・割安なのかを判断できグレアム指数22.5倍以下が割安の目安です。

こころん
こころん
あふろん
あふろん

バフェットが子供にグレアムって名付けるくらいだから、相当影響を受けたんだろうね。

グレアム指数の計算式と目安

計算式は凄くシンプル。

例えば、PERは15倍以下PBRが1倍以下という基準がありますが、グレアム指数は22.5倍以下が割安の目安

PERとPBRのどちらかが目安を満たしていなくても、グレアム指数だと割安と判断される銘柄もあります。

あふろん
あふろん

PERとPBRを掛け合わせてるからミックス係数なんだね。

グレアム指数ランキング

ベンジャミン・グレアムは厳しく見るために目安の半分11.25倍だったり、確実に勝つために1/4の5.625倍以下で判断することもあるようです。

※PERが0%未満の銘柄は除外

グレアム指数5.625倍以下の銘柄は2022年1月21日時点で724銘柄もあり、常にPBRが小さくなりがちな銀行業や卸売業などは今が割安状態というわけではないので、銘柄選びとしては除外した方がいいかもしれません。

こころん
こころん

PER・PBRが高くなりがちな情報・通信業でも、グレアム指数5.625倍以下の銘柄ってあるんやなー。

バリュー株投資の極意

聞いて分かる投資教室
2021年1月16日公開
【バリュー株投資の極意】元手を1000倍まで増やした手法とは

割安株探しに適用するグレアム

学びと体験

中学3年生から株式投資を始められた『貯金40万円が株式投資で4億円』のかぶ1000さんが、グレアム指数5倍以下を狙っていると言うことを知って、この株価指数に興味が出てきました。

グレアム指数でスクリーニングできるツール・サイトは見たことがないですが、日付ごとにPBR・PERをまとめていサイトを利用させていただきながら、グレアム指数を使った銘柄選びの参考にしています。

指標
この記事をTwitterで投稿する
1分で読める 株式投資初心者の道しるべ

コメント 記事に関する投稿はコチラ