【トレンド指標】3つの移動平均線!テクニカル分析でトレンドの流れを見る

テクニカル分析

移動平均線とは

Question

移動平均線って何?

テクニカル分析で使われる「移動平均線」は、一定期間の株価トレンドを見極めるための指標。

国内では短期の5日間、短中期の25日間、中期の75日間が良く使われています。

直近の株価ほど重要視する「加重移動平均線」「指数平滑移動平均線」といった移動平均線もあり、相場の状況や分析の目的に合わせて選択しましょう。

あふろん
あふろん

株価と移動平均線の位置関係でトレンドの強さを見たりするよね。

こころん
こころん

上昇トレンドで株価が移動平均線より上やったら、上昇の勢いが強い状態…って感じやな。

3種類の移動平均線

株式投資のチャート分析において、最も初歩的・基本的な移動平均線(Moving Average)は、代表的な3種類が良く使われています。

‣単純移動平均線:SMA
 Simple Moving Average
 設定期間の平均値 

‣加重移動平均線:WMA
 Weighted Moving Average
 設定期間で直近ほど重みが大きい

‣指数平滑移動平均線:EMA
 Exponential Moving Average
 直近の重みが大きく設定期間以前も考慮

あふろん
あふろん

いちばん定番の移動平均線が「単純移動平均線」だね。

移動平均線の使い方

移動平均線を使ったテクニカル分析で最初に勉強するのが、2本の移動平均線を使ったゴールデンクロス・デッドクロスです。

また、計算は難しそうな「指数平滑移動平均」は、直近の株価変動が大きく反映されるため、トレンドの変換点をいち早く察知するためにも使われます。

また、移動平均線はボリンジャーバンドなど、他の指標と組み合わせて使うことも多いため、基礎的な指標として覚えておきましょう。

こころん
こころん

移動平均線って定番過ぎるトレンド指標やけど、チャート解説とかで絶対出てくるもんなー。

単純移動平均線と指数平滑移動平均線

神王TV
2019年6月24日公開
【初心者】移動平均線「SMAとEMA」を高勝率にするプロの使い方と使い分け

移動平均線の設定期間

学びと体験

テクニカル分析でトレードする人が沢山いるから、多数決の投資家心理によって法則通り株価も動きます。

それ考えると定番の指標や設定で分析して、みんなと同じ予測ができないと意味がない。

あとは裏の読み合い、心理合戦ですね。

コメント 記事に関する投稿はコチラ