株価指標『PSR』とは?PERでは見れないベンチャー企業の割安な目安は

指標
Question

PSRはどんな指標?割安の目安は?

PSR(Price to Sales Ratio)は株価売上高倍率。計算式は時価総額÷売上高。売上高は必ずプラス値なので赤字企業でも指標が使える。割安の目安は0.5倍以下です。

PER PBR EPS BPS ROE ROA PSR PEGレシオ 配当性向 総還元性向 グレアム指数

株価指標のPSRを知る

あふろん
あふろん

PERは時価総額÷純利益だけど、PSRが時価総額÷売上高ってことね。

こころん
こころん

PERだと純利益がマイナスの企業は比較できひんもんな。

あふろん
あふろん

PSRは一般的にだいたい20倍以上で割高、0.5倍以下で割安らしい。

こころん
こころん

0.5倍ってことは、時価総額の半分以上の売上を出してる企業なら、割安ってことやな。

あふろん
あふろん

スタートアップ企業なら、それだけの売上高でも、先行投資で利益は赤字ってことがあるもんね。

こころん
こころん

PSRが割安な企業は、いずれ回収フェーズに入って、ガンガン利益を上げてくれるかもってことやな。

あふろん
あふろん

本来利益率の高い企業なら、売上高が伸びてるほど、将来性に期待できるもんね。

こころん
こころん

だね、だからPSRは利益率が高くなりがちなSaaS事業でよく使われるらしいで。

株価指標PSRについて

スタートアップ実践放談「シニフィ談」 by Signifiant
2020年10月5日公開
株価指標PSR(株価売上倍率)について

小型成長株投資に使えるかも

いまだに小さな資産で億り人を狙ってます。だから、PSRのような新興成長企業向けの指標は知っておいた方が便利。ああ、早くリスクの高い投資から卒業したい。

PSRは株価売上高倍率

スタートアップ企業向けの指標

利益率の高いSaaS事業で効果的

コメント 記事に関する投稿はコチラ