【収益指標】総資産の運用効率をROAで評価!借り入れを資産に変える力

指標

ROAとは

Question

ROAはどんな指標?使い方や目安を教えて!

ROA(Return On Assets)は総資産利益率。

負債も含めた総資産を使って、どれだけ効率よく利益を出すことができたかの指標です。

一般的には5%以上が資産を効率良く運用している企業の目安と言われています。

こころん
こころん

借り入れが多くて、その資金を大きな利益に変えることができれば、ROAとしては評価されるってことやな。

あふろん
あふろん

信用取引でレバレッジが大きくしても、しっかりと利益を稼ぐことができる優秀な投資家って感じだね。

ROAの計算式

EPSと同じように一般的には当期純利益で計算されていますが、翌期以降の予測純利益を使って評価する場合もあります。

分母になっている総資産については、ROEの純資産と同じ理由で増減します。

それに加えて、資産(土地・在庫)の売買や、融資や返済など、賃借対照表の借方の変化が、総資産の増減になります。

あふろん
あふろん

設備や土地を先行投資すると、利益が出るのはまだ先になるから、ROAは下がっちゃうね。

ROAの目安

ROEは8%以上が優良企業の目安でしたが、ROAは5%以上が目安となるようです。

工場や在庫が少ないIT系の業種は総資産も小さくなるため、業種によっても目安の数値は変わってきます。

また、純資産が小さく負債が大きい企業は、ROEが高い場合でも、ROAが低い可能性あるから、両方の指標の目安を確認することが大切です。

こころん
こころん

借り入れた負債の妥当性と、そこから生まれる利益の大きさが大事やな!

ROEとROAで収益性を知る

IBカレッジ
2019年2月15日公開
ROE・ROAで企業の収益性を知る方法を解説!

ROEとROAの両方を見る

学びと体験

私が保有していた銘柄の中で、ROEは14%と優秀な値ですが、ROAは4.9%と目安より低い企業がありました。

ただ、この企業は不動産事業がメインなので、借り入れが大きく、ROAが低くなるのは妥当なのかもしれません。

ROAは同じ業種の中で競合と比較して判断しましょう。

指標
この記事をTwitterで投稿する
1分で読める 株式投資初心者の道しるべ

コメント 記事に関する投稿はコチラ