株式指標『ROA』とは?ROEとの違いや運用効率の高い企業の目安は

指標
Question

ROAはどんな指標?割安の目安は?

ROA(Return On Assets)は総資産利益率。計算式は当期純利益÷総資産×100。負債も含めた総資産を効率よく運用している、割安な企業の目安は5%以上です。

PER PBR EPS BPS ROE ROA PSR PEGレシオ 配当性向 総還元性向 グレアム指数

株価指標のROAを知る

あふろん
あふろん

業種によっても変わってくるけど、ROAは5%以上が目安みたいだね。

こころん
こころん

たしかに土地や設備投資が大きい事業やと、負債もでかいからROAは低くなってまうってことやな。

こころん
こころん

逆に、工場とか在庫が少ないIT系の業種は総資産も小さめだから、ROAは高くなるってことか。

あふろん
あふろん

効率的に借り入れをして、それを利益に変えていく力を見ることができる指標だね。

こころん
こころん

株式投資で言うと、信用取引の利回りがROAみたいなもんやな(笑)

あふろん
あふろん

証券会社にたくさんお金を借りて取引しても、へたくそな運用だったらROAはダメダメってことね(笑)

こころん
こころん

負債が大きい企業はROEが高くても、ROAが低くなってる可能性あるから、両方の指標を見るべきか。

こころん
こころん

負債の妥当性と、そこから生まれる利益の大きさが大事や!

ROEとROAで収益性を知る

IBカレッジ
2019年2月15日公開
ROE・ROAで企業の収益性を知る方法を解説!

ROEとROAの両方を見る

いま保有している不動産銘柄はROEは14%と優秀だけど、ROAは4.9%と低い。借り入れが大きいから当然。やっぱりROAは同じ業種の中で比較することが大事かもしれません。

ROAは総資産利益率

信用取引での運用利回りのようだ

ROAは同じ業種で比較

コメント 記事に関する投稿はコチラ