【株の格言】もうはまだなりまだはもうなり

格言

もうはまだなりまだはもうなり

Question

格言の意味と学びのポイントは?

株価の下落が続いている相場において「もうすぐ底だろうと思ってもまだ下がるぞ」「まだ下がるかもと思った時が底かも」という格言。

『もうはまだなりまだはもうなり』を心に掛け、「もう」「まだ」と思った時に、本当にそうなのかを冷静に考えるきっかけになれば。

こころん
こころん

反転しそうやと思ったら、もっと下がる・もっと上がるは、株式投資のあるあるやもんな。

あふろん
あふろん

特に暴落相場で売買タイミングを間違えると致命傷だからね。

下落の損切り・上昇の利確

保有している銘柄の下落が続き、「さすがにもう底だろう」と思って損切りを足踏みしていると、そこからまだまだ下がっていくという状態。

投資家が「もう下がらない」と考えているところからが、投げ売り・強制ロスカットなど、本当の下落があることを意識しておきましょう。

上昇相場における利確タイミングも同じ。

保有している銘柄が絶好調で「まだまだ上がるはず」と考えていたら、そこが天井で利確タイミングを逃してしまいます。

こころん
こころん

そもそも底とか天井を掴むなんて、未来人じゃない限り無理やで。

打診売り・打診買い

そんな誰も予測できない相場の底や天井に対して、効果の高い戦略が打診売りと打診買い。

下落からの反転を狙うなら、一気に買い込むのではなく、少しずつ買い付けていく「打診買い」で、タイミングを逃さずリスクも抑えることができます。

そこから下がったとしても、さらに安く買い付けることができるし、予想通り反転しても利益になるこの戦略。

上昇相場における利確タイミングも、保有株を少しずつ利確していく「打診売り」は効果的です。

こころん
こころん

落ちてくるナイフは掴んだらアカンけど、他の人より先に動ける方法は考えるべきなんやろな。

株で失敗しないための格言

株の買い時を考えるチャンネル
2021年8月27日公開
株で失敗しないために知っておくべき株の格言7つ

下落からの反転を狙う

学びと体験

一部の資金で割安株で下落からの反転を狙うスイングトレードをしているので、これまでも「もうはまだなりまだはもうなり」は嫌というほど体感してきました。

何度も経験するほど、少しずつ「まだ」「もう」は掴めてきますが、完璧は無理なので、打診買いは心掛けるようにしています。

一部の資金で割安株で下落からの反転を狙うスイングトレードをしているので、「もうはまだなりまだはもうなり」は度々体感しています。何度も経験するほど、少しずつ「まだ」か「もう」は掴めてきますが、完璧は無理なので、打診買いは心掛けるようにしています。

格言
この記事をTwitterで投稿する
1分で読める 株式投資初心者の道しるべ

コメント 記事に関する投稿はコチラ